大切なゲストを少人数結婚式で盛大にもてなそう

式の思い出を残す

カメラフィルム

当日の思い出の残し方

結婚式は、一生に一度の大イベントです。その結婚式を映像として手元に残しておきたいと、誰しもが思うでしょう。自分たちのシーンはもちろんのこと、各テーブルの雰囲気など当日は見れないところを撮ってもらい、後日見るのも楽しいものです。結婚式場には、ほとんど専属のカメラマンや業者がいます。式場によって違いますが、専属の業者しかダメなとこと、外部でも大丈夫なところ、また、条件付きで外部でも大丈夫なところなどもあります。自分たちが式を挙げたい式場が、どのような形態を取っているのかを事前に調べておくことによって、スムーズに打ち合わせを進めることができます。また、外部に発注できる場合はコスト削減にもつながり、結婚式の費用を節約することもできるでしょう。

それぞれのメリット

映像を撮る場合、結婚式場の専属の業者を選ぶメリットは、なんと言ってもその式場を熟知しているところです。例えば、演出一つをとっても、どこから出てきてどのような展開になるか、経験から大体のことは把握しているので、ベストなポジションで撮ってもらえます。また、式場によっては専属の業者にのみチャペルの前からのショットの撮影を許可しているなど、一般の人では入れない角度からも思い出を残すことができます。また、出来上がった映像に式場のロゴなどが入り、豪華な仕上がりにもなります。外部業者の一番のメリットは、式場の専属業者より安い価格でできるということです。また、自分好みのカメラマンに頼むことで、映像の雰囲気を自分好みにアレンジしてもらうことも可能になります。それぞれのメリットを考慮することで、自分たちの結婚式を素晴らしい映像として残すことができます。